事業部・各職種のご紹介|当グループでは、従来の職種別組織に事業部制を導入することで、職種横断型のチームで良質・安全な医療・福祉の提供に努めています

事業部・各職種のご紹介

ホーム >> 事業部・各職種のご紹介

当グループでは、従来の職種別組織に事業部制を導入することで、職種横断型のチームで良質・安全な医療・福祉の提供に努めています。

活動内容は「院長&スタッフのメイトウ日記」で随時発信しています。

外来事業部

外来事業部外来事業部は外来患者さま向けの医療提供について統括している部門です。この部門には医師・看護師・検査技師・薬剤師・放射線技師・理学療法士・作業療法士・診療補助者・事務職員などが集まっています。
外来という場で「どうしたら患者さまに質のよい医療を提供できるか?」「待ち時間を短くするためにどう工夫すればよいか?」「安全な医療を提供するにはどうしたらいいのか?」といったことを優先事項とし、患者さまに安心して満足のいく医療を受けていただくため活動しています。

病棟事業部

病棟事業部病棟事業部では、入院業務が包括的かつスムーズに行えるよう、医師や看護師・医療ソーシャルワーカー・リハビリ・薬剤師・放射線・検査・栄養科・事務など各職種間での情報を共有し、一般・地域包括ケア病棟、回復期リハビリ病棟、医療療養型病棟と形態の異なる3つの病棟間で、柔軟な移行ができるようにしています。
また入院中だけでなく、必要な患者さまには自宅訪問を行うなど、退院支援も積極的に行っています。入退院時におけるフローの問題点や病棟におけるアメニティ・設備の問題点に対する解決も図っており、入院から退院まで安心していただける病院を目指しております。

このページのトップへ

在宅事業部

在宅事業部在宅事業部では、在宅の利用者さまに「訪問看護ステーション・居宅介護支援事業所(ケアプラン作成)・通所リハビリテーション・訪問リハビリテーション・2つのグループホーム」といった、様々な形での医療・福祉を、利用者さまやそのご家族さまの選択・決定を大切にしながら、提供しています。
訪問診療の医師・看護師・ケアマネジャー・リハビリスタッフ・管理栄養士・薬剤師・ヘルパー・事務のチームで在宅の利用者さまの療養生活を支えています。在宅の利用者さまが安心して生活できるよう、安全と質の向上や連携強化のための情報共有・コミュニケーションを図っています。
また、在宅支援病院としての機能を強化するため、地域の往診医と当院をつなぐ役割も担っています。

LINK:訪問看護ステーション居宅介護支援事業所通所リハビリセンターグループホームよつば

このページのトップへ

医師

医師当院の常勤医師は内科5名、整形外科2名で、外来診療と入院診療を行っております。
外来診療では、院外からも専門性の高い医師を招き、専門外来を行っております(外来医師担当表)愛知医科大学付属病院、名古屋第二赤十字病院などの急性期病院とご自宅や入居施設をつなぐことで、地域での医療・福祉を支えるネットワークの中心となれるよう頑張っております。

薬剤師

薬剤師【調剤業務】
入院処方について、用法・用量が適正であるか、お薬の飲み合わせ(薬物相互作用)等に問題はないか、処方箋の記載内容を確認し調剤した後、患者さまにお薬を適正に服薬および使用していただけるように必要な情報を提供しております。

【薬剤管理指導業務】
薬剤師が患者さまの病室へ直接うかがって薬を手渡し、服薬指導を行います。
お薬の正しい服用方法や使用方法、目的などを理解し、納得していただくことを目指します。
お薬の副作用や相互作用等をチェックしたり、患者さまのお薬に対する不安や疑問にお答えすることで、安心して服用していただくために活動しています。
患者さまが服用中の薬(他病院からの持参薬も含む)、入院後に使用されている薬をチェックしています。薬剤師から医師・看護師へ薬剤を提案し、連携しながら患者さまへ安全な薬物療法ができるよう活動しています。

【薬品管理業務】
医薬品が適切で安全に使用されるために、在庫管理はもとより、保管方法、有効期限等の品質管理に注意を払っています。また緊急の場合でも医薬品が供給されるよう工夫しています。 その他、個人別注射薬セット業務および血液製剤管理・製剤・治験・麻薬管理など、薬に関する多くの業務を薬剤師が行っております。

このページのトップへ

看護部(看護師・介護士)

看護部(看護師・介護士)看護部は患者さまの気持ちを大切にすることをモットーに、安心で満足していただける看護・介護を提供できるよう取り組んでいます。他職種とのコミュニケーションも良好で、医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・MSW・薬剤師・管理栄養士・歯科衛生士等と連携を図りながら、患者さま・利用者さまへの支援を行っています。
看護部の方針や目標を示し情報を共有するために、毎年看護部職員が一同に集合する機会を設けています。また、人の和を大切にする風土があるので部署間の風通しもよく、困っているときはお互いに協力し合っています。他部門との話し合いや委員会、部会活動を通じて問題を解決したり業務改善する仕組みがあります。
看護部の部会には教育、機能改善、業務改善(記録、基準、手順)、看護研究の4つがあり、その他にも病院全体の部会も多く、職種を超えたコミュニケーションの場や、職員への啓蒙活動を通して能力開発の場となっています。
教育の特徴として、新人への各部署研修を一週間行っています。その他に新人フォローアップ研修やプリセプター研修、リーダー研修も実施しています。
また、スタッフが学生に指導することは、自らも育つ機会としてとらえ養護教諭の臨床実習生や中学生の体験学習を積極的に受け入れています。

リハビリテーション科(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)

リハビリテーション科(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)当院のリハビリテーション科の魅力は、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などの専門スタッフが充実していることにくわえ、若いスタッフが多いことです。平均年齢は20代後半と若々しく、元気はつらつと働いています。
当院では、手術後の急性期から回復期・通所・外来・訪問リハと幅広い分野にスタッフを配属して、じっくりと患者様と向き合い、様々なニーズに応えるべく業務に取り組んでいます。
また、各スタッフが集まり頻回にカンファレンスや勉強会を開催したり、積極的に学術活動へ参加するなど、知識技術の向上に日々努力を重ねています。

このページのトップへ

臨床検査技師

臨床検査技師検査科では「迅速」かつ「正確」な検査データを提供し、診療に役立つ臨床検査をモットーに業務を遂行しています。主に検体検査と生理機能検査を行っています。

■検体検査
尿、血液などに含まれる物質を自動分析装置を用いて測定しています。緊急時には迅速検査体制をとっており、採血後約30分で検査結果を報告しています。院内で測定可能な検査項目からは、肝臓・腎臓・膵臓・心臓などの疾患や機能の状態がわかります。

■生理機能検査
患者さまに直接接して行う検査で、以下の検査を行っています。
・心電図検査(ホルタ―心電図・血圧)
・超音波検査(心臓・腹部・頸動脈・下肢静脈・甲状腺)
・肺機能検査
・動脈硬化検査
・眼底検査の検体検査
身体の内部を客観的に検査し、得た情報を迅速に診療科に報告しています。

診療放射線技師

診療放射線技師放射線科は一般撮影室・CT室・透視室・病室・手術室での撮影を行っています。平成24年10月に64列CTを導入することで、冠動脈をはじめとする各造影検査、各科領域の検査を患者さまへの負担を少なくし、安心して受けていただけるようになりました。
また、週一回愛知医科大学病院から放射線科医師を招き、読影も行っております。外部機関からの委託CTも随時お受けしておりますので、お問い合わせください。


モダリティ
・一般撮影装置:島津社製 ・透視装置:島津社製 DR ・CR:フジ FCR ・CT装置:東芝社製 64列
・Cアーム:島津社製 ・ワークステーション:フジ ビンセント ・PACS:フジ シナプス

このページのトップへ

管理栄養士

管理栄養士栄養科は常勤の管理栄養士が給食管理から栄養管理まで携わっています。
給食管理業務では、病院食を少しでもおいしく食べていただけるよう、委託業者に任せるのではなく私達が献立を作成し、提供方法も常に問題意識を持って改善に取組んでいます。
栄養管理業務では、入院患者さま一人ひとりに最適な食事を提供するため、食事時のベッドサイド訪問や他職種スタッフとの情報交換を常に行い、病態や栄養状態の把握に努めています。
栄養食事相談は生活習慣病、腎疾患、肝疾患などを中心に入院・外来患者さま合わせて毎月50〜60人程度実施しており、退院後の食生活や無理なく続けられる食事療法について患者さまと一緒に考えます。外来通院中の場合は、診察と平行して採血データ等を見ながら数ヶ月間継続するので、食事の効果を実感していただくことができます。「一人では続けられない」「ここに来るとまた頑張れる」「お陰で体調がよくなった」といったお声が、私達にとって何よりの励みになっています。

医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカーは、医療費・生活費・福祉制度などに関するご相談を、患者さま、ご家族さまから専門的にお受けする職種です。病気や障害・けがによる不安が発生した時、ゆっくりとお話を伺い、さまざまな解決・改善方法を一緒に考え、使えるサービスや制度を探すお手伝いをします。また相談内容によって、医師や看護師、リハビリスタッフ、ケアマネジャー、役場、病院、施設などとも連携し、入院から退院、外来通院まで安心して療養できるようサポートいたします。
(1)医療費に困ったとき、(2)住宅の改修や介護保険、身体障害者手帳について知りたいとき、(3)入院に関する相談をしたいとき、(4)将来(退院後・自宅での生活)が不安なときなど、どうぞお気軽にご相談ください。
なお、ご相談(面談)は事前にお電話などでご予約いただけるとスムーズです。

このページのトップへ

ケアマネジャー

ケアマネージャー利用者さまやご家族さまのご依頼に応じ、どのような介護サービスが必要か一緒に考え、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する身近な相談相手です。又、各サービスを提供するサービス事業者や医療機関等との連絡調整、区役所への申請代行、市より委託を受けた認定調査も行っています。介護予防プランについても、包括支援センターからの委託を受けています。利用者さまの立場に立ち、公平中立な立場でプラン作成を行っています。
いだか居宅介護支援事業所では、ケアマネジャーが一人で抱え込むのではなく、毎週ケースカンファレンスを行い、メンバーみんなで情報共有をして支え合っています。

医療事務

医療事務患者さまに一番身近な存在として以下の業務を行っております。

・窓口に関する業務(受付・会計)
・医療費の請求に関する業務
・各種書類に関する業務
・健康診断に関する業務

このページのトップへ

総務

総務総務課の職員は
・院内における連絡調整および文書管理業務
・物品発注、施設設備管理業務
・採用および労務管理業務
・法務および契約に関する業務
・広報業務
によって院内他部署のバックアップを行っています。
また地域企業・団体を対象とした、健康診断の窓口としての業務も行っています。

このページのトップへ

メイトウホスピタル TEL.052-701-7000 FAX.052-702-2464 診療時間 午前9:00〜12:30 午後15:00〜18:00

診療開始時間 9:00〜、15:00〜
△:科によって休診日が異なります。 ×:休診
※受付時間や担当医などの詳細は「通院する」のページをご確認ください。

駐車場完備 地下鉄東山戦上代駅徒歩5分
  • 〒465-0025  愛知県名古屋市名東区上社3丁目1911番地
  • 拡大マップ